中国CCC認定代行|中国CCC認証代行|中国強制認証|CCC問題対応|組込み開発|ハードウェア設計|ソフトウェア受託開発|アイ・ティ・ジー|VOIP|オフショア|中国市場|ITG
  上海ITGリンク
サイトマップ
 
 
CCCニュース  
 

2009年第32号 《一部低電圧電気製品の強制性認証新版標準実施に関する公告》

2009年6月22日通知

2009年第32号 《一部低電圧電気製品の強制性認証新版標準実施に関する公告》

一部低電圧電気製品強制性認証が適用している標準GB14048.2-2008《低電圧スイッチ製品及び制御製品第2部分:遮断器》、GB14048.3-2008《低電圧スイッチ製品及び制御製品第3部分:スイッチ、アイソレータ、遮断スイッチ及びヒューズユニット》、GB14048.5-2008《低電圧スイッチ製品及び制御製品第5-1部分:制御回路電気製品とスイッチ部品 電気機械式制御回路電気製品》、GB14048.9-2008《低電圧スイッチ製品及び制御製品第6-2部分:多機能電気製品(設備)制御と保護スイッチ電気製品(設備)(CPS)》、GB13539.3-2008《低電圧ヒューズ 第3部分:非熟練工が使用するヒューズに対する補足要求(主に家庭用及び類似用途のヒューズ)標準化ヒューズシステム例A~F》、GB17701-2008《設備用遮断器》の六つの国家標準(以下「新版標準」と略称)は2009年6月1日より実施された。《中華人民共和国標準化法》の規定に従い、2009年6月1日より上記標準の適用製品は新版標準に適合した上、生産、販売、輸入することができる。
強制性製品認証制度の有効な執行を保証するために、《標準改訂時の強制性製品認証関連問題に関する通知》(国認科聨[2005]18号)の関連規定に基づき、対象の低電圧電気製品強制性認証新版標準実施に関する要求を以下のように公告し、各関係部門がそれに従い執行すること。
一、 公告日から、関連の指定認証機構は新版標準で認証を実施し、新版標準認証証書を発行する。
二、 旧版標準で強制性認証取得した製品については、旧版標準認証証書の所有者は新版標準実施後、次の追従検査の前までに、指定認証機構に新版標準認証証書の変更申請を提出し、付属文書にある試験必要の差異検査項目の検査を受け入れ、合格後新版標準認証証書に交換する。旧版標準認証証書の変更作業は2010年6月1日前に完了していること。期限を過ぎても未完了の場合、認証機構が認証証書の一時停止を行う。2010年8月31日になっても証書変更作業を完了していない場合は、認証機構が旧版標準認証証書を取り消す。
三、 2009年6月1日前に出荷、市場投入し、且つ生産停止した認証取得製品は、証書変更を行う必要がない。
四、 低電圧電気製品の品質を向上、認証資料を完備、過去の認証結果を便利に遡って追跡できるために、工業生産許可証、電気工業製品安全認証証書(CCEE)、輸入製品安全品質許可証(CCIB)によりCCC証書に変更、CCC認証を取得する製品に対して、完全なCCC型式試験報告書を提供できない場合は、今回の規格変更の際に、新版標準により試験を行い、新証書へ変更する時に不足資料を補足すること。
五、 証書変更作業をスムーズに行うため、指定認証機構は上記要求に基づいて新版標準実施の具体的な実施文書を作成して、有効な方法で関連要求を旧版標準認証証書所有者に通知し、証書変更申請の提出とサンプル送付試験の実施を促し、規定期限内に証書変更作業を完了させること。また、企業の負担を簡略・軽減するために、認証機構は以下の要求に基づき適切な措置を行うこと。
1、 申請時間前後違う認証証書取得製品に対し、一つのとして併せることができる。併せていない製品は、補足試験の時に一つと見なす。
2、 証書変更製品の試験は、当委員会が規定する試験地域範囲に従うこと。原則上従来の試験室にて行う。
六、 証書変更作業の進捗状況を把握するため、指定認証機構は四半期毎に証書変更状況(変更率、問題点等を含む)を当委員会に提出すること。
2009年7月31日までに、各関連指定試験室は新版標準試験能力状況を当委員会認証監督管理部へ報告すること。また、新版標準試験室の認定と認可取得状況をタイムリーに報告すること。

添付:標準変更に必要とする追加試験の検査項目
2012-01-20